お知らせ 医院情報 小児歯科 企業検診 ご予約・お問い合わせ

小児歯科 Child Dentistry

小児歯科に対する考え 不正咬合の予防について  

小児歯科に対する考え

小児歯科に対する考え

開業当初、訪れて来てくれた子供たちの大半はひどい虫歯があり幼稚園でも小学校でも虫歯のない子は貴重品扱いでした。まだ世の中に「予防処置」という習慣がなくフッ素やシーラントを塗布する子が極端に少なかったからだと思います。その後保健所や我々歯科医からの呼びかけや、マスメディアからの情報によって「予防処置」が徹底され深刻な虫歯の症状というのは激減しました。ところが虫歯が減った子供たちの口の中に、見逃すことのできない新たな問題が生じてきました。

それは歯の大きさと顎(アゴ)の大きさとのバランスが悪いために起こるという“歯列不正”です。
俗に言う歯並びの悪い子噛み合わせの悪い子が多く、しかも乳幼児期からの「歯並び」や「噛み合わせ」に対する正しい情報が少ないことがとても大きな問題です。

歯並びや噛み合わせが悪いと…歯列が不ぞろいなため食べカスがたまりやすく虫歯や歯肉炎の原因になるのは当然ながら、その他にも発音がうまく出来ない楽器が吹けない、口元が不自然だという思いから笑顔が消えていくetc また最近の研究では認知症と歯の結びつきについても深い関係があると発表されました。
乳歯は永久歯より軽視されがちですが……

乳歯こそがその後の永久歯の環境の基礎となります
小児歯科に対する考え

更に永久歯が生え揃ってからの矯正治療では、歯を綺麗に並べるのに必要なスペースを作るため抜歯することが多くありますが、乳歯の時代から「歯並び」や「噛み合わせ」を治すことでこれを回避することが可能です。
これは「歯」を並べる前の段階で「歯」が生えるべきスペースを顎を拡大して確保できるからです。
これらの条件からも、乳歯時期での「歯列」「噛み合わせ」への取り組みは非常に重要且つ有効的であることをご理解いただけることと思います。

とくに「反対咬合」・・・受け口、しゃくり顎と呼ばれるケースは
3歳頃からの治療をお薦めします。

ページTOPへ

小児歯科に対する考え

乳歯こそがその後の永久歯の環境の基礎となります

小児歯科に対する考え 歯並びが悪いと、見た目を気にしたり、発音がしにくい等のさまざまな問題を
抱えますが、1番の難題は「健康を害する可能性がある」ということです。

「歯」「顎」「舌」、このすべてを含んだものを『口腔』といい消化器官の一部
です。 ですから、この中の一つでも正常な役割を果たさないと、体にとても
大きなダメージを与えてしまいます。

そうならないためにも、「歯」が生え始めた頃から “かかりつけ歯科医”
をもち継続的に観察することが大切です。

そして少しでも将来の歯列に関して不安が 生じた時にはできるだけ早い
時期からの「咬合誘導」
にとりかかりましょう。

不正咬合について
上の写真はどちらも「不正咬合」です。どこが“正しくない”のでしょう?

小児歯科に対する考え 咬合誘導にとりかかる理想的な時期は・・・
反対の噛み合わせが前歯や横の歯にある時には、3歳を過ぎたら
はじめましょう。
4歳を過ぎると顎が大きくなりすぎ、場合によっては顎変形症になる
可能性もあるので「3歳」がもっともふさわしい時期となります。

早期からの咬合誘導の最大のメリットは・・・
顎や歯列の成長をうまく治療に利用できること
歯が動くことに対して順応性がいいこと
そして何より、「永久歯を抜かずに」治療できること!!!
です。

ページTOPへ

小山歯科医院携帯サイト
Copyright(c)Koyama dental clinic. All rights reserved.